• 城下町で栄えた掛川市で輸入住宅の建築するメリット

    • 歴史的に見ると東海道の宿場町や城下町として栄えた掛川で、輸入住宅を建築することは和洋融合の観点からも魅力的です。

      城郭をシンボルとしている市であり、その美しい天守を望める市でもある特徴があります。
      また太平洋に面した気候で温暖であり、また市内の特産品の一つである茶葉の栽培に適した気候となっています。


      周囲の茶畑が広がっている中で、洋風の建物が建っていることは、海外の広々とした住宅環境を思わせる風情が存在します。

      お客様に相応しい掛川の輸入住宅情報探しのヒントをお教え致します。

      もちろん気候面からも適度に降水量もあり、冬は遠州の空っ風が吹くと寒いですが比較的に温暖で、夏は暑さがそこそこ見られる気候の特徴です。

      朝日新聞デジタル情報を参考にしましょう。

      こうした掛川で輸入住宅を建築する上でもこうした温暖な気候面からも適合した住宅になります。


      他にも市自体が推奨している政策としては「スローライフ宣言」が存在し、市内中心部を郊外化や商業化して発展させるよりも個性化を促すためのユニークな街づくりに力を入れている特徴が見られます。そのため掛川で輸入住宅を建築することは、「スローライフ宣言」にも適していることで推奨されています。
      また掛川の輸入住宅のメリットとしては、敷地を確保しやすいこともあり緑のガーデニングとエクステリアにも拘りを入れることができる点です。

      このエクステリアについては、洋風の建物の得意とするところで、周囲を自然に覆われた環境で暮らせる魅力を持っています。



      他にも東海圏の中心都市でもある名古屋方面へのアクセスにも優れ、新幹線が停車する駅もあるため、東京までアクセスしやすいため住まいの拠点としても魅力的な存在です。

  • 知りたい住宅事情

    • 袋井の輸入住宅について

      静岡県袋井市といえば、南は遠州灘に面し、北は遠州三山を抱える丘陵部となっているなど、自然に比較的めぐまれた土地柄であるということができます。しかも、東海道新幹線、東名高速道路などの主要な交通インフラがととのっていることから、人、物の往来が多く、つねににぎわいのある町並みというのも、この袋井市の特徴であるということができるでしょう。...

  • 身に付けよう

    • 島田市で輸入住宅を建てる

      静岡県島田市は、静岡県のなかでもほぼ中央に位置しており、地形的にも大きな特徴があります。島田市の北部は南アルプスに連なっている山々がそびえていて、風光明媚ということばがぴったりします。...

  • 住宅関係の情報・住宅の基本知識

    • 湖のほとりがトレンドの湖西での輸入住宅の魅力

      海外などでも湖のほとりに住宅を建設されることが多く、その湖面の眺めにも優れている風光明媚な場所で暮らせる魅力があります。湖西で輸入住宅に暮らすことは、洋風のお洒落な住宅と湖周辺の優れた自然環境を満喫することができます。...

    • 豊橋の注文輸入住宅について

      愛知県豊橋市といえば、三河湾に面した重要港湾である三河港をかかえており、ここからは周辺に多数存在している自動車製造メーカー、その関連の自動車部品メーカーが海外に向けた積み出しを毎日行っています。そのため、通関手続き関連や翻訳関連の業種の事務所なども、やはり市内に多いという特徴があります。...